エントリー

⑦街づくり

◎ひむかの杜に、桜の木があります。
 その桜の木の下に、石が敷いてあります。
 敷石は長方形の自然石で、大小約110個が並べて敷いてます。
 石が向いている方向は、大御神社の龍神卵を向いています。

 googlemapの拡大では、敷石の向きが分かりづらいのですが
 現地で桜に木の下の敷石の向きを、確認すると分かります。

◎ひむかの杜の西に「広場」があります。

 位置:ひむかの杜のひむか通り
 形状:たまごの形
 素材:芝生(緑)とレンガ(石)、ひむかの杜と同じ敷石

 たまごの形をした広場は、芝生と煉瓦でデザインされて、その境界線は、大御神社の龍神卵の場所を指しています。

龍神卵を指す

ページ移動

ユーティリティ

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ユーザー

新着画像

新着エントリー

9.11
2015/09/11 00:00
文化講演会 終了
2015/09/10 13:00
人形作家の安部朱美さん
2015/09/09 00:01

Feed