エントリー

カテゴリー「清水寺」の検索結果は以下のとおりです。

清水寺 22仏足石

  • 2015/08/30 00:01
  • カテゴリー:清水寺

■仏石足
 朝倉堂の東庭に、釈尊の両足形を陰刻した仏足石が安置されている。「観仏三昧経」などに仏足を拝めば無限無量の罪けがれも消滅するとあり、また豪傑武者平景清の足形とも伝説されて、参拝者や修学旅行生たとの手で撫でられ続け、ありがたい十一種類の文様が摩消を甚だしくしている。

tizu-22.jpg

清水寺 21子安の塔

  • 2015/08/29 00:01
  • カテゴリー:清水寺

■子安(こやす)の塔
 重要文化財 江戸初期寛永10年(1633)再建
 本堂の南、錦雲渓を隔れた泰産寺の丘の上に立つ。高さ約15mの軽快・美麗な檜皮葺き三重の塔で、千手の子安観音を祀り、安産・子育てに大きな信仰を集めてきている。明治末年まで仁王門々前にあり、旧参道「三年坂」の名称も、その産寧(さんねい 安産)の信仰にちなむとされるほどである。

tizu-21.jpg

清水寺 ⑳音羽の滝

  • 2015/08/28 00:01
  • カテゴリー:清水寺

■音羽の滝
 清水寺の開創を起縁し、寺名を由来する。滾々と流れる清水は古来「延命水」とよばれ、清めの水として尊ばれ、開祖行叡居士(ぎょうえいこじ)・開山延鎮上人の滝行を伝統して水垢離(ごり)の行場となり、またお茶の水汲み場となってきた。

tizu-20.jpg

清水寺 ⑲奥の院

  • 2015/08/27 00:01
  • カテゴリー:清水寺

■奥の院
 重要文化財 江戸初期寛永10年(1633)再建
 本堂と同じく本尊千手観音と地蔵菩薩・毘沙門天両脇寺(三基の厨子は重要文化財)、二十八部衆、風神・雷神を祀り、舞台造りになる。五間四方、寄棟造り、檜皮葺の屋根は美しい反り曲線を描き、軒下の随所に桃山様式の極彩色文様の跡を残す。昔の真言宗兼学を伝統して弘法大師像を安置。

tizu-19.jpg

 

 

清水寺 ⑰北総門

  • 2015/08/26 00:01
  • カテゴリー:清水寺

■北総門
 重要文化財 江戸初期(1631-33)再建
 元来は塔頭(たっちゅう)間口一間、潜りつきの薬医門で、切妻造り、本瓦葺き。鉄製の飾金具や鉄帯を取りつけた大きな扉を二枚対釣りこんでいる。

tizu-18.jpg

清水寺 ⑰阿弥陀堂

  • 2015/08/25 00:01
  • カテゴリー:清水寺

■阿弥陀堂
 重要文化財 江戸初期(1631-33)再建
 三間四方、入母屋造り、桟瓦葺き。前面一間は広く開放して礼堂(らいどう)兼通路となる。随所に極彩色文様を留め、内陣には丈六の阿弥陀如来像を安置する。1188年、法然上人が日本最初の常行念仏を行われたところで、右隅に法然上人像を祀る。

tizu-17.jpg

清水寺 ⑯濡れて観音

  • 2015/08/24 00:01
  • カテゴリー:清水寺

■濡れて観音
 奥の院の裏側、石の玉垣にかこまれた小池の中に、可愛らしい石仏として立つ。北隣の蓮華水盤で柄杓に水をくみ、肩からかけて、自分自身の心身の清めと諸願成就を祈願する。台座に「観音水」とある。

tizu-16.jpg

清水寺 ⑮釈迦堂

  • 2015/08/23 00:01
  • カテゴリー:清水寺

■釈迦堂
 重要文化財 江戸初期寛永8年(1631)再建
 1975年豪雨禍kら復旧された。三間四方、寄棟造り、檜皮葺き。正面は二段半蔀(はじとみ)になる。堂内内陣に須弥壇上に本尊釈迦如来(平安末期作)と両脇侍普賢(ふげん)・文殊菩薩(鎌倉末期作)を安置している。

tizu-15.jpg

清水寺 ⑭地主神社

  • 2015/08/22 00:01
  • カテゴリー:清水寺

■地主神社
 重要文化財 江戸初期寛永10年(1633)再建
 江戸時代までは清水寺の鎮守社であったが、明治の神仏分離で独立した。  大国主命を主祭神とする。

tizu-14.jpg

清水寺 ⑬本堂

  • 2015/08/21 00:01
  • カテゴリー:清水寺

■本堂
 重要文化財 江戸初期寛永10年(1633)再建
 清水寺本尊十一面千手観音を祀り「大悲閣」ともいう。正面十一間(約36m)側面九間(約30m)高さ18mの堂々たる仏殿で、優美な起(むく)り反り曲線を見せる寄棟造り・檜皮葺きの屋根や軒下に吊る蔀戸(しとみど)など、平安時代の宮殿、貴族の邸宅の面影を伝え、四囲の音羽山の翠緑と見事に調和する。
 堂内は巨大な丸柱の列によって外陣(礼堂らいどう)と内陣と内々陣に三分され、外陣内奥の正面欄間(らんま)に本尊と両脇侍(わきじ)の懸仏(かけほとけ)を掲げ、最奥の内々陣に本尊を祀る。そして本堂南正面に懸造り・総檜板張りの「舞台」を錦雲渓に張り出している。

tizu-13.jpg

ページ移動

ユーティリティ

2017年04月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ユーザー

新着画像

新着エントリー

9.11
2015/09/11 00:00
文化講演会 終了
2015/09/10 13:00
人形作家の安部朱美さん
2015/09/09 00:01

Feed